スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弛緩と緊張 

今日はNさん宅でプライベートレッスンの日でした。

背中に痛みがあって、呼吸が浅くなっている気がする。

ということだったので、上半身、特に背中~肩にかけてほぐすアーサナや

胸を開いて呼吸が深まるようなアーサナを中心に行いました。


Nさんとのヨガタイムはいつもおしゃべりが楽しくなってしまい

あっという間の3時間。

今日はレッスン後にNさんがこんなことをおっしゃっていたんです。


 頑張らなきゃ!と力が入りすぎていた頃は、

 なかなか思うようにいかなかったのが、

 ヨガを始めて力をぬけるようになったら

 いい感じになったんです。

 気持ちもすごく楽になりました。


って。


頑張りやなNさんは全てのことに全力投球。

それはとってもいいことで、すごいなぁと思っているのですが

常に力が入ってしまっていたんですね。


頑張りすぎて過剰適応になってしまうと、

疲れがたまっていることに気づかなかったり

ぷつんと糸が切れたとき、心と身体のバランスを崩してしまいがちです。


力をぬくことの大切さに気づいて、

いい具合に弛緩と緊張ができているNさん、

もともととっても素敵な方なのですが

すごく雰囲気がやわらかくなったような気がします


そして私自身

弛緩と緊張の大切さ

を改めて実感できた時間でした。

Nさん、ありがとうございました。


常に緩みっぱなしの私には、もっと刺激が必要かもしれませんね(笑)



201009101515001.jpg


レッスン後にはデザート&お茶まで頂いてきちゃいましたよ

ごちそうさまでした~。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slowren.blog62.fc2.com/tb.php/141-93e8ec9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。